ハピピランド横浜ってどんなところ?混雑具合や安く利用する方法を紹介

ハピピランド横浜店の中身をご紹介!

どんなところか?

混雑具合は?

料金は?

安く利用する方法

などをご紹介していきます

 

ハピピランド横浜って?

年齢制限はありませんが赤ちゃんから小学生くらいまで遊ぶことができる子供の屋内型のテーマパークです

 

一応宇宙をテーマにしているみたいですが、

『言われてみればそうなのかな』くらいの感じです(笑)

ただ子供が小さいうちは走り回ったりさせるのに広いスペースがあるのでオススメです

 

赤ちゃん~小学校低学年くらいまでの子供が多いですね

 

全国展開している会社なので横浜以外でも探せばあるので、横浜は遠いという方は他のハピピランドを検索してみてください

 

営業している日は?

平日

土日祝日

10:00~17:30

※受付は16:30まで

 

18:00~20:00

女性限定フォトスポット

休業日 基本的にはなし

※休業日は原則なしですが、年末年始などはお休みの時もあったので、ホームページは確認しておくほうがよいです

どこにあるの?

横浜駅の東口の外まで歩いていくと

横浜中央郵便局があります

その横に細い道を歩いていくと

『アソビル』という建物があります。

このビルの4階に『ハピピランド横浜店』があります。

ちなみに4階へのエレベーターはこちらを使っていきます。

写真だと分かりづらいですが、ライトがとても眩しく周りがピンクなので怪しげな感じにみえます(笑)

 

一応住所がこちらです!

神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 4F

 

 

施設の外観と中身

 

施設入り口にはこのようにテーブルがおいてあり離乳食や食べ物をあげたい時はこちらであげることができます

ベビーカーで来ても安心です!

こちらにおいておけば大丈夫です

受付をすませ中に入ると

ロッカーに荷物をいれます

 

肝心の中はどんな感じかというと

けっこう奥行きがあって広いです

電車のおもちゃで遊ぶこともできます

小さい子どもが多いので、どうしてもですが壊れているのも多いです(;>_<;)

これはしょうがないかもしれませんね

 

うちの2歳の子どももプラとかでできてるおもちゃなら数分で壊してるので、

子ども向けの施設だと仕方ないと思ってください(笑)

 

赤ちゃんも遊ぶことはできるか?

はい、できます

 

こちらは赤ちゃん向けのコーナー

0歳から1歳半まではこちらのコーナーで遊ぶことが推奨されます

おっきい子どもさんが入ってくることはないので、安心して遊ばせることができます。

この年齢以降の子どもが入らないようにスタッフさんも入り口で伝えていますので、後は親の監視次第ですね

 

ハピピランド内には授乳用の個室やオムツ替えの場所、お湯、電子レンジもあるので赤ちゃん連れでも安心です!

 

この中には絵本や恐竜のおもちゃ、ボールプール、他にも小さい子ども用のおもちゃが揃っています

 

ここのエリアに限らず施設全体の床はクッション性のあるものなので、

安心して転ばせることができるので親としても有難いです

 

 

混雑具合は?

横浜駅のひっそりとした場所にあるのでそこまでいつも混んでいる訳ではありません。

土日、祝日、平日は全て利用したことありますが

 

やはりゴールデンウイークやお盆の時期といった大型連休はとても混雑します

以前にお盆の時期に行った時は受付で20人以上待っていて、中を見てもめちゃくちゃたくさんの子供達がいましたので、

極力、大型連休中の利用はお勧めできません

 

普通の土日や祝日はどうかと言うと、

多少混んではいますが全然動いて遊ぶことできる程度です

例えば桜木町にあるボーネルランドは日曜や土曜はちょっと十分に動きにはちょっと狭いなーと思いますが、こちらは全然です

 

平日はかなりオススメです!

電車のおもちゃも独占できることも多いですし、走り回るスペースも独占できることも多いです!

 

まとめるとオススメの順番としては

平日 ⇒    土日祝日  ⇒    大型連休

 

ちなみに時間帯でいうと

朝一番や16時以降は比較的空いている傾向にあります。

特に16時以降であればイブニングパスもあるのでオススメですよ

 

 

料金は?

チケットは4階の窓口購入かネット購入の2パターンがあります。

どちらがオススメかというと、間違いなくネット購入がオススメです!

ネット予約に関しては後述しますので、ここでは窓口購入の料金を記載していきますね

 

料金は大人と子供でも値段が違い、どのプランか平日・土日祝日、連休期間(春休みなど)でも変わってきます

以下は公式サイトでの値段をまとめていきます

 

・平日

こども 大人
60分パス 税込み1430円 税込み550円
90分パス 税込み1870円
ワンデーフリーパス 税込み2420円
延長料金 30分毎に660円(税込み)
イブニングパス

(15:30から利用可能)

税込み1650円

 

 

 

・土日祝日、連休期間(春休みなど)

こども 大人
60分パス 税込み1430円 税込み1100円
90分パス 税込み1870円
ワンデーフリーパス 税込み2420円
延長料金 30分毎に660円(税込み)
イブニングパス

(15:30から利用可能)

税込み1650円

 

平日や土日の違いは子供と大人の料金の違いです

 

 

安く利用する方法

ハピピランド横浜の利用する時はネットからチケット購入がオススメです

では、利用するサイトしては何があるのか?

自分が知っている中で安く利用できるのはこの2つ

・アソビュー

・じゃらん遊び体験

 

基本的にどちらを使うか選ぶポイントしては

どちらのクーポンがお得か

どちらのポイントをためるか

になります。

定期的なクーポンが発行されているので、割引額が多いほうが選択するのがベターかなと思います。

 

アソビュー

アソビューというサイトでは色々な観光地や体験・動物園・温泉などのネット予約・クーポン利用が可能です。

例えばですがハピピランド横浜を平日利用する時にアソビューからの予約で

アソビュー!超特割!というのを利用すると

こどもワンデーフリーパス1820円、大人450円で利用可能です。

つまり大人1名、子供1名合わせても2270円で利用です。

 

これが窓口購入だと

2970円なので

 

700円もの差がでます!

更にアソビューでは10%オフクーポンが発行されている時もあり、

これを使えば2043円で利用可能です

 

つまり927円も浮かすことができます

 

クーポンは毎回必ずある訳ではないですが、クーポンがないにしても窓口購入よりは確実にお得です

 

また使えばポイントもたまっていくので、そちらを支払いにあててもいいかもしれませんね

クーポンとポイントは併用することはできないのでご注意ください

 

また、チケットは購入しておけば当日万が一行けなくなってもチケット購入から半年以内は使うことができるのポイントです

 

チケットの払い戻しはお店に直接いけば対応してもらえるので安心です!

 

じゃらん遊び・体験

こちらもアソビューと同様に色々な観光地や体験・動物園・温泉などのネット予約・クーポン利用が可能です。

じゃらん遊び・体験からの予約ではポンタポイントがたまります。

 

こちらは先ほど記載した条件と同様に

平日に子供1人、大人1人のワンデーフリーパスを利用すると

通常だと2770円

窓口予約よりは200円ほど安いですが、アソビューほどではないですよね

 

ですが僕自身はじゃらんを使う頻度のほうが圧倒的に多いです!

その理由としてはクーポンが発行される頻度がアソビューとは全然違って多いです

 

よく使うクーポンとしては2500円以上の利用だと500円引きになるクーポンです

値段毎に応じたクーポンもありますが、だいたい子供と二人で行くことが多いのでこのクーポンを利用しています

 

この500円引きクーポンを利用すると合計2270円

 

先ほどのアソビュー超特割と同じ値段になります

アソビューの10%オフクーポンはそこまで発行頻度が多くないので、この値段で利用することが多くなります。

しかし

じゃらんはここからが違います。

じゃらんはこの500円引きクーポンとポイントを併用して利用することができます

 

じゃらんで使えるポイントは以下のとおりです

ポンタポイント

dポイント

リクルートポイント

リクルート期間限定ポイント

じゃらん限定ポイント

このポイント同士の併用はできませんが、dポイントやポンタポイントは日常でも貯めていくことは可能ですし、

じゃらん限定ポイントなどはじゃらんやリクルート関連のメルマガとかに登録しておけば勝手にもらえていることもあります。

 

たまに限定ポイントが3000ポイント近くもらえる時もあり

無料で温泉やキッズパーク利用したりもしています

 

登録自体は無料なのでしておいても損はないと思いますよ

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハピピランド横浜はそこまで混雑している訳でもなく、平日や土日程度であれば比較的体をたくさん動かして遊べる施設です

 

利用する時は窓口よりもネットからの予約が圧倒的にお得なので

検討してみてください

 

 

おすすめの記事