こどもの日って兜や鎧って買う必要ある?正しい知識と代わりになるものを紹介

5月5日は「こどもの日」です

こどもの日というと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

男の子の日

こいのぼりをかざる

5月人形、兜・鎧をかざる

菖蒲湯に入る

柏餅・ちまき・たけのこを食べる

旅行へ行く

こどもを楽しませてあげる

こんなところでしょうか?

実はコレ、半分正解で半分間違いなんです。

というのもこどもの日だからこれをするという訳ではありません

 

こどもの日と同じ5月5日に「端午の節句」と呼ばれるものがあります。

中にはこどもの日と端午の節句を同じものとして捉えている方も多いのではないでしょうか?

実はこの2つは日付こそ同じですが意味合いは全然別ものです

 

こどもの日と端午の節句の違いについて

まずこどもの日ですが

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」

だそうです。

ちょっと意外だったのが、母に感謝する日でもあったことですかね笑

こどもの日が国民の祝日となった日は1948年、端午の節句は奈良時代からある年間行事

端午の節句は昔からあって、こどもの日があとからできた感じなんですね

 

 

端午の節句は

「男の子の成長を祝い願う日」

です。

 

あまり聞き慣れない言葉ですが

端午の意味としては

端=初めという意味。

牛=5 

つまり毎月の5日という言葉として使われていました。

いつしかぞろ目となって数字が同じ5月5日が端午として扱われるようになりました

 

節句の意味としては

季節の節目を指す言葉

人日の節句(別名:七草の節句) 1月7日

上巴の節句(別名:桃の節句) 3月3日

端午の節句(別名:菖蒲の節句) 5月5日

七夕の節句(別名:笹竹の節句) 7月7日

重腸の節句(別名:菊の節句) 9月9日

などがあります

 

ちなみにひな祭りも歴史は古く平安時代中期からはじまったと言われています

5月5日はこどもの日だから祝日であって、ひな祭りや端午の節句は昔からの年間行事なので祝日ではないんでしょうね

僕の周りでこどもの日が休みだからひな祭りも祝日にしてほしいって言ってた人がいましたけど

おそらく

こどもの日=男の子の日

ひな祭り=女の子の日

といった誤解をしていたんじゃないかと思います( ̄。 ̄;)

 

こどもの日にすること

先ほども言ったようにこどもの日は

こどもの人格を尊重して成長を祝うような日です。

なので男の子だけでなく女の子も含めてこども全員の成長をおめでとうしてあげる日です

こどもの日だからこれをやるといったのはないですが最近で多いのは

・ケーキやご馳走を用意してあげる

・テーマパークなど旅行に連れていく

・こどもの日のイベントに参加

などがあります

 

 

あまり型にはまらずこどもを楽しませてあげるのが一番だと思います

端午の節句ですること

端午の節句は菖蒲の節句とも言われ、元々は

菖蒲で邪鬼を払う行事

戦国時代になり菖蒲=尚武という言葉に変換され

「男子の武運を祈り成長を願う行事」

とされました

なので鎧や兜を、武者人形を飾られるようになりました

 

端午の節句ですることとしては

・5月人形(鎧、兜など)をかざる

・鯉のぼりをあげる

・菖蒲の湯に入る

・ちまき・柏餅を食べる

などがあります

地域や風習によっても異なります

 

型にはめて行う必要は必ずしもないと思いますが

自分のこどものためを思って準備した過程に一番の意味があると思います

5月人形を用意するメリット・デメリット

同じ日だからまとめてお祝いするのですが、

やはり男のには兜、鎧を買ってあげたいという祖母や親もいると思います

 

こういった5月人形を用意する上でのメリットとデメリットをあげてみたいと思います。

 

メリット

一生に一度の記念になる

飾っていてかっこいい

和室に飾ると映える

収納ケースに入っているタイプは拭くだけのお手入れでOK

 

デメリット

収納スペースをとる

値段が高い

子供が壊す恐れがある

特にケースに入って飾るタイプのものだと中々飾るのは環境をしっかり整えてあげないと危ないです

子供は小さい内は色々触りたがったり、物投げて遊んだりして割っちゃうこともあるかもしれません。

せっかく高いのを買ったのに何年も飾らずにとっておいて、収納スペースだけ埋めてしまう…

 

これだともったいないですよね

 

 

最近では5月人形も色々タイプがあり

・収納飾り

・ケース入り飾り

・着用飾り

・平飾り

・段飾り

などがあります

 

ただ値段はどれも比較的しますし、あまり安すぎても映えないというケースもあります

 

一番我が家にとっては何が良いのか、収納スペース大丈夫なのか、どこに飾ろうかはよく話し合って検討してみてください

 

ちなみにこの中で一番実用性があるものとしては

着用飾りになります

理由としては、実際に着せてみて写真をとることができるので一番思い出に残しやすいと思います

 

 

5月人形の種類別のメリットデメリット

先ほども言ったように5月人形の飾り付けにはタイプが色々あります

検討する際に一度比較をしてみてください

 

ケース飾り

メリット

・箱からだして飾るだけで良い

・お手入れが楽

・ペットがいても壊される心配が少ない

デメリット

・畳めたりはしないのでスペースをとる

・ガラスケースだとかっこいいが重たい

収納飾り

メリット

・コンパクトなタイプも多い

・収納台の上にそのまま飾っておける

 

デメリット

・お手入れがしづらい

 

着用飾り

メリット

・実際に着せて写真をとれる

 

デメリット

・着用のため軽量なものがおおく、本物志向な人には物足りない

平飾り 

メリット

・一番メジャーな方法であり安価な物から豪華な物まで幅広い

 

デメリット

・出し入れやお手入れが面倒

・収納スペースをとる

段飾り

メリット

・豪華でかっこいい

デメリット

・飾り付けするにもかなりスペースをとる

かなり大きな家でないと難しい

兜・鎧を買わないで代用する方法

5月人形を用意しようか迷っている人へ

 

おそらく迷っている理由としては下記のことが原因ではないでしょうか?

・値段が高い

・飾り付けする場所がない

・収納スペースが足りない

・お手入れがめんどくさい

 

ええ、わかります。

我が家ではガラスケースに入った結構立派なやつを買いました

子供が0歳の時、まだハイハイもできたてくらいだったので何も問題はありませんでした

 

 

ただ1歳以降は正直飾っていません(笑)

理由としては

走り回って危ない

物投げるから危ない

気になって触ろうとする

触らせないと泣く

男の子だから余計に元気だから、危ないかなと思ったものは置けないですしね。

そして今ではダンボールに入れてしまってありますが、スペースをとって邪魔になっているのが現状です…

 

最近の住宅事情だと、昔より土地が狭く広い家ではないので、あまり大きな物を買うと困ってしまいます

 

そこでオススメなのが

手作りで兜、鎧を作っちゃおうというものです

 

とは言っても本格的なものではなく

・ダンボールで作成

・牛乳パックで作成

・折り紙で作成

などなど…

 

伝統を重んじる家庭ではちょっと否定的かもしれませんが、今時は効率良く多様化してきています

 

実際に手作りで用意するとメリット大です

安く済ませることができる

スペースとらない、壊れたら捨てたら良い

リサイクルになる

子供が兜や鎧つけて遊べる

一緒に作れば親子のコミュニケーションに

工作技術が身に付く

地球にも優しく、

子供も遊べて楽しい、

家計にも優しい

 

良いことだらけじゃないですかね

 

あえてデメリットをあげるとすると

・作るのに手間がかかる

・伝統的じゃない

・祖父母がうるさい

 

ですかね

最後のは家庭によりますね(笑)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

兜、鎧は子どもの日だからという訳でなく端午の節句で用意するものということでした

 

男の子は特にちゃんばらゴッコが好きなので、手作りで用意してあげると喜ばれますよ!

 

各家庭に合った方法で子どもの日、端午の節句を楽しんでくださいねー!

 

 

 

おすすめの記事